読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンガチョ

この記事の題名は、「縁を切る」の意味。

 

このことについて書くなんてすごく重苦しくて、今も胸から両肩にかけてすごく嫌な感じがしているけど、切るべき縁もあるんじゃないかということを書こうと思う。

 

頭の中を整理して軽くなりたい。

 

「この誘いを断る=縁を切るということになる」とていう局面には、多くの人がぶち当たるのではないかと思う。私も今までの人生で何回かは直面したことがある。最近もこんな類のことが何種類か立て続けに起こった。疲れた。

 

1つはきれいにお互いに罪悪感なく自分から。もう1つは切られそうになった縁を自分からさらりとつなぎとめた(と思っている)(別にダメならダメでもいい)。最後の1つは、自分から、きれいに手順を踏んで正当な手段をもって切った縁。

実際にこれらの縁が切れたかどうかは、あと何年かしないとわからないのだけど。

 

すっきりした。すっきりするべきなのだ。私は何も悪くない。この罪悪感はどこからくるのかと言えば、

・ご縁を大切にするべき

・どんな人とでも1度つながりを持った以上、上手く関係を築いて離すべきでない

・関係が多い、携帯のアドレス帳により多くの連絡先がおさめられていればいるほど、その人は善人であり優れている

という世の中の風潮によるものかと思う。

 

しかし今回気づいたことは、パッと見友達が多くて、いつでも連絡できる友達が何人もいる、いわゆる優れた人間でも、案外これまで切り捨ててきた縁もあるのではないかということ。

 

日々忙しく、自分が生きるためだけで精一杯なのに、あっちのことから向こう側のことまで毎日考えていられない。自分の人生なのに、空いた時間を自分のために使って何が悪いのか!!悪い訳がない。自分が生きやすい人間関係を構築するのの何が悪いのか!!悪くない。断じて悪くないはずだ!

 

まだ自分がどんな人間か知る以前の親の影響って、逃れようがないというか。今の自分では絶対選ばないような道でも、連れて行かれるがままに進んでしまうっていうところがあると思う。私もその1人。そのころの経験をすべて否定するのはあまりにも残酷で、私にはなかなかできるものではないけれど、何か役に立っているかと聞かれればなかなか。役に立っている部分もいくつかあるけど、足枷になっている部分もある。

 

大人になって、自分がどんな属性の人間であるかわかり始めた今。自分から昔の環境に足を踏み入れる必要性はどこにあるのか。踏み入れなければいけない義務は私にあるのか。普通に考えてない。あってたまるか。丁寧にお断りして、さようならする。相手にとっても自分にとってもこれが1番良い。私はもう子どもではない。自分の人生は自分で決められる能力がある。

 

さようなら。その節はお世話になりました。

これからもお互い、別々の道でがんばりましょう。

「フィルム」はやはりすごい

ここで言う「フィルム」とは星野源の2ndシングルの話だ。

 

“どんなことも胸がさけるほど苦しい 夜がきてもすべて憶えているだろう”

 

本当にその通りなのだ。何とも厄介な1件が子供のころからずっと私に付きまとっているのだ。

いっそ屈服したら楽なんだろうけれど、それは嫌だ。

 

人間には、向き不向き、好き嫌いがある。そして、「相手を思う気持ち」というのもある。これがひたすらに厄介。これさえなければ私は何も悩まなくて済む。「相手を思う気持ち」。捨てたくても捨てきれない。意気地なしだからね。どうしたものか。ああ。悩ましい。

 

そして、この1件にぶち当たったときに私の中で鳴り響くのがこのフレーズなのだ。

 

“そうだろう どんなことも胸がさけるほど苦しい 夜がきてもすべて憶えているだろう”

 

源さんは “何か悲しいことが起きるたび あのスネアがはじける” みたいだけど、私は何か悲しいことやさみしいこと、しんどい、めんどくさいこと(主にこの1件)が起きるたびに、「フィルム」のこの歌詞とメロディーが頭の中で鳴り響く。

 

誰かの人生に寄り添う歌ってきっと、まさにこういうことだよね。この曲が頭で鳴ってくれるおかげで私は涙が流せるし、涙が出ることで少し楽になるの。セロトニンが分泌されるからね。「フィルム」はやはり素晴らしい。

 

でも、逃げてばかりじゃいけないなと。逃げてもいいけど、いろいろと物事を片づけて、手順を踏んでから逃げないと。いつまでも心の中で重たくどろどろとしているだけだから。だけどちゃーんと逃げる!私の人生だから。もう昔の何もない私ではない。私は私の為に時間を使いたい。だから前の仕事も辞めたのに。本末転倒にはならない。

 

がんばれ私。

親離れ

今日は母親と小旅行をした。

 

珍しく母が、「〇〇に行きたい」と言い出したのだ。いつも休日は家でだらだら過ごすことが多くて、めったに自分からどこかへ行きたいなんて言い出さないから、意外だった。

 

あいにくの雨だった。相々傘をした。二十歳過ぎた娘と母親が仲良く腕を組んで相々傘をする様子って周りにはどう映るんだろうか。微笑ましく映っていれば良いなと思う。

 

私と母はとても仲良しで(というか私がなかなか親離れできていないのかもしれないが)、腕を組んで相々傘くらい全く普通のことだ。今日いつもと違ったのは、いつもは私の方から母の腕をつかんで“寒いよ~”とするのだが、今日逆が1回だけあったことだ。母の方から私の腕をつかんで“寒いよ~”という風にしてきたのだ。その時、なんかいろいろ思ってしまったというか、正直ちょっと嫌だった。

30ほど年の離れた母のことを可愛らしく思うこともあるけど、私はまだ母に甘えていたい。母が母としてあって欲しいという気持ちがまだまだある。最近仕事を辞めて母との時間が長くなったせいか、もし突然母がいなくなってしまったりしたら、私は生きていけるだろうかとものすごい不安に陥ることがある。依存とはまさにこのことかもしれない。

 

まだ当分は大丈夫だろうけど。少しずつ依存を減らしていけるようにした方が良いのかなと思ったり。

健康で長生きしてほしい。それだけ。

 

無くても困らない

書くことは頭を整理するのにとても良いらしい。

今日本屋さんの一番目立つところに置いてあった本がそんなような題名のものだった。書くと脳が鍛えられてボケないと。だから今日も頑張って書きます。

 

大学生のころ、ちょうど今みたいに朝から特にやることもなく、自分で自由に時間を使えた頃は、頭の中でどんどんと文章が出来上がることがあった。これって誰にでも起こる感覚なのかな…と考えたこともあった。たぶん、誰にでも起こるんだと思う。

仕事始めてからは、ぱったりとそんな感覚がなくなったんだけど、最近徐々に戻ってきた。今日考えてたこと。↓

 

1人でいて楽な人と、1人でいるのが苦痛な人。大きく分けて人間はこの2つのパターンに分けられると思う。(笑)

私は圧倒的に前者。ただ最近は本当に誰ともまともに会話を交わさないから、まずいなと思ってるけど。

仕事や勉強が良くできて、いつも笑顔で身だしなみも可愛くしているし、誰とでも楽しく話せて、顔も可愛くて、私よりも何もかも優れている子がいる。

もちろんその子は優秀で素晴らしいんだけど、もしかしたらその子は、私にとっては無くても全く困らないものが、欲しくて欲しくてたまらないのかも、と思えてきた。

 

私は、高校以来彼氏がいない。(笑)

出会いがないのが理由だと思うんだけど(もちろん単にモテないだけってのもある)、それよりもっと根本的な理由は、いなくても困らないと思っているから。人から嫌われるのは嫌だけど、特別好いてもらわなくても構わないと思っているし、人にかまってもらうのは楽しいけど、自分から何かをしたりすることで相手を困らせたり、傷つけたりする方が怖い。だから、ずっと継続して誰かとラインをするなんてことも考えられない。(笑)

 

その子は、全部逆なのかも。

彼氏がいてもいなくても、みんなから好かれたいし、かまってほしいから、自分からラインできるし、ご飯にだって誘える。勉強も仕事もがんばるし、忙しくても疲れていても、いつも可愛くいられる。

 

結論。

欲しいものが少ないから、私はこんなにもズボラなのかもしれない!!!(←結論が雑)

 

ウォーキング2日目。なんとか達成。

f:id:maryux:20170127020245j:plain

10年続ける

時間がある。

職を探して履歴書を書かなければいけないので、そうも言ってられないのだが、もともと面倒くさいものは後回しにするタイプなので、時間ができてしまうのだ。(←おい。)

源さんファンから派生して、ドラマーの伊藤大地くんをツイッターでフォローしているのだが、大地くんが、“何か始めたら最低10年は続けるべきだ。”という旨の誰かのツイートをリツイートしているのを見た。

10年か。うーん。今さらなあ。もう23だし。とは思ったけど、考えてみたら私、10年経ってもまだ33だな。若くはないけど、33ってなんか、ギリセーフな年齢な気がする(無理やりだけど)。

考えてみると、何かを10年続ける人って、そういないんじゃないかな?いや、いるんだろうけど。やることは何にしたって、10年続ければすごい気がする。

まだ、何をするかは決めてない。でもとりあえず、ずつとしようしようと思ってたけど、億劫でやってなかった朝のウォーキング(ちっさい)を初めて見た。

10年続けよう!

いや、10年はちょっとハードルが高いな。

1年!続けよう!(とか言いつつ、3日で終わる可能性もあり。汗)

1日目 f:id:maryux:20170125224639j:plain

フィルム

最近、夜眠れなくて困るんです。

 

今日もお昼にうどんを食べに行って、かけうどんととり天、合計約400円のお金を使ったことくらいしか社会に貢献していないし。体力が有り余っているんでしょうか。悩み事も尽きないし(のわりにあまり深刻に考えていない)。

とにかくまだ眠りたくないので、特に意味はないけど、星野源の「フィルム」を聞きながら、その歌詞について書いてみようと思う。

なんだかそうしたい気分。

 

「フィルム」 星野源

笑顔のようで いろいろあるなこの世は

綺麗な景色どこまで本当か

 

フィルムのような 瞳の奥で僕らは

なくしたものをどこまで見ようか

 

電気じゃ 闇は映せないよ

焼き付けるには そう

嘘も連れて目の前においでよ(←この歌詞がすごく好き!!ここで1回目泣く)

(「現実は、自分の捉え方次第でどんな風にも見えてくるんだよ」って言われてるみたい)

 

どんなことも 胸が避けるほど苦しい

(さっさと忘れてしまえば楽な、過去のどうしようもなく辛かった記憶とか、

つい思い出しちゃうことあるよね。)

夜が来ても すべて覚えているだろ

(でもそれを完全に忘れられることってないのかも)

 

声をあげて 跳び上がるほどに嬉しい

そんな日々が これから起こるはずだろ

 

訳のわからぬ ことばかりだな 心は

画面の事件 どこまで本当か(←社会問題の提議でもある(?))

 

どうせなら 嘘の話をしよう(←泣きポイント2)

(「辛い過去や現実ばかり見ていないで、楽しいことを考えよう」)

苦い結末でも 笑いながら そう 

作るものだろう

(「もし夢が叶わなかったとしても、それはそれで素晴らしい君の人生だよ」って言ってくれているような感じ)

 

どんなことも 消えない小さな痛みも

雲の上で 笑って見られるように

 

どうせなら 作れ作れ 目の前の景色を(←ここですごく前向きな気分になれる)

 

そうだろう

 

どんなことも 胸が避けるほど苦しい

夜が来ても すべて覚えているだろう

 

声を上げて 跳び上がるほどに嬉しい

そんな日々が これから起こるはずだろう

すべて覚えているだろう

(つらい記憶も、なかったことにはならない)

これから起こるはずだろう

(でも、これから楽しいことも起こる、辛いこともまた起こる、その繰り返しだよ)

 

 

私にとって、この曲のキーワードは「嘘」だなと思います。一般的に「嘘」というと、良いイメージの言葉じゃないけど。ここでいう「嘘」は、なんというか…

自分の中の「夢」や「目標」や「理想」みたいな感じ。

 

「現実」を受け止める手助けをしてくれて

「理想」を追い求めることを許してくれる。

そんな曲に聞こえています。

 

人の気持ちに寄り添うってこういうことなのかなって、思わせてくれる曲です。

ここ数週間で何度この曲に泣かされたことか…

弱ってる時に聞くと、曲がかかったとたんに肩の力が抜けて、涙が出てくるから不思議。

 

あとは、イントロが大好き!

シャッフルにしてる時に、ふいにこの曲がかかったら、いつも最初からかけなす。笑

ちゃんと最初の1音目から噛み締めたい。

 

大好きな曲なので、熱く語ってしまいました。

 

すっきりした。笑

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを始めます

23才の女です。

ブログを始めてみます。

 

昨年4月に新卒で入った会社が完全なブラック企業だったため、会社を辞めました。

時間があるし、仕事を始めてからパソコンのタイピングが上達して

文字を打っているだけで心地良いので、

思いついたこととか書いてみようと思います。

 

ブログの仕組みとかよくわからないし、

誰が見てくれるのか、むしろ誰か見てくれる人はいるのかもわかりませんが、

誰も見てくれてなくてもいいので、自分のために書こうと思います。

 

頭の中に広がることを文字に起こしてすっきりするために

書きたいと思った時に書こうと思います。

 

宜しくお願いします!